キャビテーションで産後ダイエットするなら、いつから施術OKなの?

キャビテーションで産後ダイエットするなら、いつから施術OKなの?

ダイエットで人気のキャビテーション。食事制限や運動なしでサイズダウン、脂肪細胞を減らしてくれる魔法のエステです。意外に知られていないのが、産後のキャビテーションについてです。

 

産後のキャビテーションはいつから施術できるのか、また使う時の注意点などを紹介しますね。産後太りに悩んでいるママのヒントにしてくださいね。

 

床上げまではキャビテーションは我慢して

 

妊娠中に太ってしまって早く体重を落としたい!と産後太りはやはり気になってしまいます。赤ちゃんのお世話で忙しいはずなのになかなか脂肪が落ちてくれないという悩みは多いんです。

 

これは女性ホルモンの乱れや骨盤がゆがみ、出産前の体型に戻りづらくなることが原因。けれども「キャビテーションで今すぐ痩せよう」と思い、産後すぐにエステサロンに駆け込むとか、家庭用のキャビテーションを使うというのはNG。

 

産後の体はとてもデリケートになっているため、無理をするとその後の体調に支障をきたす恐れがあり注意が必要です。キャビテーションを受ける目安となるのが「床上げ」と呼ばれるタイミングです。

 

床上げは出産後およそ1カ月後の時期を指しており、この時期を過ぎたらいつも通りの家事や運動をおこなっても良い目安。出産したときのデリケートゾーンの傷も元に戻るため、体力がつきエステに相応しい時期を迎えます。

 

産後の体が落ち着いてからキャビテーションでしっかりケアしていきましょう。⇒ おすすめの家庭用キャビテーションランキング

 

デリケートゾーンの治り具合、産褥期というのは一人一人違います。特に大事にはなってなくても1年近く傷が痛み普通に座ることができなかったという人もいますから、一定期間を過ぎても自分の体調をよく考えましょう。また、授乳している間もキャビテーションはNGですから、母乳を与える場合は断乳後までまちましょう。

 

エステに通うのも負担になる時期が過ぎてから

 

赤ちゃんを育てているママにとって、子育てしながらキレイになりたいという気持ちは当然の想い。けれども現実的に考えて、生まれたての赤ちゃんを置いてエステに行くというのは、やや無理のある行動です。

 

仕事をしていて産休を取っているママであれば、会社に復帰するタイミングを、キャビテーションを開始する目安と捉えるのもひとつの方法です。

 

会社に行っている間には、赤ちゃんを保育園や託児所に預けて仕事することになります。赤ちゃんがママ以外の第三者に慣れたタイミングは、ママがエステやネイル・美容院にチャレンジするのに相応しい時期。

 

1回10分という短時間であっても、誰かに赤ちゃんを預けてエステに行くという行為それ自体が、ママの見えない心の負担になることもあるからです。仕事を再開できるようになったというのは、それだけママの体力も戻ってきた証。無理なくキレイを演出できます。

 

個人差がある産後のカラダ、気になる方は相談を

 

キャビテーションの施術は、1回あたりの時間は約10分と短いもの。自宅の近くや職場の近くのエステサロンを選べば、たとえ産後まもない時期であってもスムーズにサロンに通うこともできます。

 

女性ホルモンの影響を受けやすい産後の体は、ママが思っているよりもデリケートなもの。少しでもキャビテーションの機械が負担に感じるようであれば、すぐ担当者の方に言って施術をストップしてもらう姿勢も重要です。

 

また産後の体は個人差が大きく、回復するまでのスピードは個人差があります。産後うつなどを併発すると体と心のバランスが取れなくなり、施術を憂うつに感じてしまうこともあります。

 

一方で短時間で施術が終了するキャビテーションは忙しいママにも嬉しい即効性のあるエステです。上手に活用すれば「短時間で確実に痩せられる」嬉しいメリットもあります。気になる方は病院のドクターやエステの担当者に相談して、自分にあった施術方法を選ぶように心がけてみましょう。

 

家庭用キャビテーション 口コミランキング

自宅で簡単に使える家庭用キャビテーションを紹介します。
ボニックProの特徴
痩身エステで人気のキャビテーション、ラジオ波(RF)、EMSが1つになった家庭用エステマシン。EMSダイエットマシーン「ボニック」がバージョンアップ!脂肪を直接減らすキャビテーション、筋肉を引き締めるEMSで脚痩せ、部分痩せに役立ちます。[防水機能][コードレス]
価格 3,980
評価 評価5
備考
ボニックProの口コミ
腕がとにかく太いので、夏が近づくと腕を出す事が増えるため、気になります。 数年前にヤーマンのキャビテーションの機械を使ってましたが、その時は少し引き締まったような気がしてました。しかし、すぐ充電もなくなるし、後に充電が出来なくなってしまい、修理に出すのも面倒なまま放置しておりました。 今回、また新たに同じような家庭用キャビテーションを探していたところ、ボニックプロを見つけました。 ヤーマンのより安く買えそうだったので、効果はどうかな、と心配でしたが、 機械が届いて毎日使って、5日ほど経ちますが、効果がありそうです! しかも、ヤーマンのより充電もかなり持ちます! 引用元:@コスメ
キャビテーションを自宅で出来ると聞き即購入してみました。 口コミでもあるように効き目は抜群でした! コンパクトなので部分的に機械を充てることができるので使っていてとても気持ち良かったです。 ただ自分が上手くないせいか効果はいまいちといった状態です。 引用元:@コスメ
特に、お腹周り・ウエスト、ヒップ、太もも、ふくらはぎ、二の腕などの部分痩せにおすすめ。 気になる部分に1日5分、ボニックProを当てて撫でまわすだけ。 痩身エステ1回分のお値段で気軽にはじめられます。 引用元:@コスメ
私が頼んだのは、ジェル1本の定期コース。 お風呂上がりに使っているのですが、朝起きた時の脚の細さにびっくりしました。 何度か使っているうちにウエストのくびれもハッキリ違いがで出来て驚いています。 こういった器具に対して、疑いの気持ちがあった私としては有名なだけあるな、と目からウロコでした。 引用元:@コスメ
キャビスパ RFコアの特徴
超音波(330kHz)でお肌を強力に振動させトリートメント。落ちにくい皮下脂肪、凝り固まった腹部、太もものお肉、セルライトいっぱいのデコボコ肌にアプローチします。[防水機能][コードレス] ※女性にうれしいバストモードを搭載した姉妹品「キャビスパ RFコア EX」もあります。
価格 34,000円〜
評価 評価4.5
備考 本体のみ購入可能
キャビスパ RFコアの総評
ボディーモードはパワーをあげすぎると涙が出るほど痛いですが、3〜4で頑張っています。MAXの5は絶対無理(笑)これをやっていると自然とマッサージをしている効果もあるので血の巡りもよくなりなんとなくスッキリします。とにかくなんでも続けることが目標に近づくための一歩だと思います。 引用元:rakuten.co.jp
昔エステに通っていた時は、凄く痛かったので、覚悟してあてました。しかし、ピリピリはきますけど、ぐいぐいの痛さがなくて、ほんとに効いてるのか、と、なんか拍子抜けしました。 しかし、終わって触ってみると、アレレ?? めっちゃ柔らかいーーー、!!セルライトでぼこぼこだった足が、滑らかになってる!!! エステが終わった後のあの感動を味わう事ができました! すごい効き目です!高かったけど、思いきって良かった!エステに通うこと思ったら10分の1の値段! あと、エステに通っていた時に教わったのが、前後1時間は、何も食べない、水をたくさん飲む、事が大切らしい。ので、頑張ってみます! 引用元:rakuten.co.jp
美ルルキャビの特徴
かわいいフォルムの美ルルキャビはRF温熱機能で温めてから600万回の振動でしっかり脂肪にアプローチ、肌質、美肌のために垢LEDでのケアもできます。[コードレス]
価格 24,780
評価 評価3
備考
美ルルキャビの口コミ

早速、気になっていた太もものセルライトに使用しました。 両足20分ぐらい使用したところ、血行がよくなったのか、 体がポカポカ暖かくなってきました。 肌もきゅっと引き締まり、お肉も柔らかくなった気がします。 明らかに効果を実感できました。 引用元:rakuten.co.jp
エステのキャビで顔ができるところに年に数回行っていましたが、自宅ケアがしたくて購入しました。美顔器は有名どころはいくつかもっています。こちらのキャビアップはキャビテーションが、当然エステほどではないものの、きちんと骨伝導の独特の音がして驚きました。(他社製では、キャビと謳っておきながら骨伝導ゼロもありましたので)RFとEMSも合わせてかけられるので毎日のケアが楽です。一度の使用でも心なしかフェイスラインがすっきりしました。 引用元:rakuten.co.jp
エステで週2回キャビテーションをしているのですが金銭的にキツいので自宅でもやりたくて購入しました。ジェルがないとEMSが感じられないし滑らずマッサージ出来ません。ジェルを使うとしっかり微弱ですがビリビリします。顔をやるときに銀歯に通電したのは痛かったです。 引用元:rakuten.co.jp
page top